文明の利器を使おう!アプリで痩せ度合いチェック

私は古いタイプの人間なので体重の増減を紙に書いてまとめていたんですが最近いいものをいろいろ発見したので報告します。
でもスマホのアプリでこういったものを効率的に記録できるアプリがあるんです。
そんなに気にするほうではないですが若い人はこっちのほうがあってるのかな?

まずは体重の管理をするためのアプリ。
日々の体重を自分で入力するものもあるんですけど体重計と連動して自動で記録してくれるものもあるんですよ。
アプリ対応の体重計じゃないといけないのでちょっと古いものは機能自体がないので新しいものを買わないといけないですね。

さらに記録するだけじゃなくてその数値をグラフ化してくれるものもあります。
日付でグラフになるので1か月前からこんな体重の変化してる、ということも一目で確認できます。

ほかのアプリとしては食べるもののカロリーを計算してくれるものもあるそうです。
私が若いときは紙で、ハンバーグはどれだけ、牛丼はどれだけ、というものが書いてあるだけでしたw
なのでかなりの進化ですね。

これがあれば外出先でもどれが一番ベストな食べものかがすぐにわかります。
アプリによってはその栄養素まで出ることがあるので便利ですよね。

あとこれはちょっと珍しいものなんですがゲームのキャラのようなものがダイエットを応援してくれるアプリがあるんです。
アプリとしては体重の変化を入力していくくらいなんですが、3キロ減ると声をかけてくれたり、万歩計のように大きく成長したりと様々。
ゲーム感覚でできるので楽しみながらやるのにはいいですよね。

私はとりあえず体重管理系を導入してみました。
紙に書くより早いしいつでも見られるのでこっちのほうがいいですね。

仕事中でも痩せられるかも。呼吸を意識したダイエット

私は今働いてるので1日の時間の大半を会社で過ごしています。
デスクワークなので動くことはほぼありません。
なので仕事上で使うカロリーってほぼないんですよね。疲れとかストレスによるものはあるかもしれませんが痩せそうな要素はまるでゼロです。

だからその合間の食事とか休みの時間、帰ってきてからの時間で何とかやりくりしてるわけです。
でも昨日雑誌で見た呼吸を使ったものであれば仕事上でもできそうな気がしたので自分用にもここでまとめておきます。

ちょっと特殊な呼吸

チラ見した雑誌に書いてあったことなので少し間違ってるところもあるかもしれませんが、この呼吸というのは普通の呼吸ではありません。

基本的には口呼吸ではなく腹式呼吸というもので行うことになります。
歌手とかが歌うときに使ってる呼吸法ですね。

これで呼吸するメリットはまず酸素を体に多く取り込めるようになること。
酸素を多く取り込めることによって脳や心臓など内臓が活発に働けるようになります。
呼吸しないと人間は数分で死んでしまいますがその逆をしてやるんです。

活発に内臓が動くことでその器官の能力が上がるのもそうですがなんと脂肪の燃焼効率も上がるんです。
人間は基礎代謝といって何もしなくても消費するエネルギーを持っています。
内臓は自分の意志と関係なく動いてくれるのでそのカロリー分ですね。

内臓が活発になるということは私たちで言うウォーキングからジョギングになる程度の変化です。
ジョギングのほうが消費カロリー多いですよね?
それと同じことが腹式呼吸で行われるということなんです。

やっぱりこの呼吸法の一番のメリットは道具もいらずどこでもできるということ。
⇒踏み台昇降について、でも家でできるし場所も取らない!とメリットを話してましたが呼吸法はそれ以上です。
ほんとにどこでもいいわけですからね。

ちょっと昔にロングブレスダイエットというのが流行っていましたがあれだと力が入りすぎるので職場ではちょっと厳しい。
でも腹式呼吸なら日々の癖にしてしまえば頑張る必要もないのですごいお手軽なんです。
他人にも自分がダイエットしてることすらばれないでしょう。

呼吸法としては上の動画のような感じでOK。
一度学んでしまえば死ぬまで使えるのでかなりコスパもいいですよね。

時間がない時間がないといってる人にこそお勧めしたいダイエット方法です。
普段いろいろ頑張ってる人も取り入れてみてはいかがでしょうか。